最近では、イラストをパソコンで描く人も増えました。
性能の高いフリーソフトも手に入りやすくなり、かなり敷居が下がったということがあるでしょう。
描画用のタブレットも買える値段になってきており、楽しく作っていくことができるようになってきているのです。

このイラストを使って、カレンダー印刷をすることもできます。
企業であれば、自分のところのロゴも作って入れていきたいところでしょう。

店舗経営をしていれば、わかりやすく表したマークがれば、一緒に入れたいのが当然です。
簡単にソフトが手に入ることから、自作しているところも少なくありません。
そのままプリンターに打ち出すのであれば、気にすることもないのですが、カレンダー印刷として出す時には、RGBとCMYKということが問題になったりするのです。

パソコン上では、モニターを使い光の三原色で表現しています。
赤緑青という三つの色であらわすRGBは、ここからきています。
すべて混ぜると白に近づくことが特徴です。

ところが印刷では、シアン・マゼンダ・イエロー・ブラックという4色で行っていきます。
プリンターの替えインクでも見たことがあるでしょう。

こちらは全部混ぜると、黒に近づいていきます。
つまり、RGBで出力したものは、CMYKにしなければカレンダーにイラストを印刷できないのです。

PhotoshopやIllustratorを使っていれば、簡単にできることなのですが、フリーソフトではできないことがあります。
そういった場合には、断られてしまうこともありますので、フリーの画像変換ソフトを使ったり、事前に確認したりしてから進めていくことになるのです。